株式会社クラフアーク

山形 "地域密着型" ホームページ制作・Webコンサルティングサービス

  • 受付時間 月~土/9:00~18:00 TEL:023-600-7950

INFORMATION

SNS運用方法とセキュリティー対策

2017年02月27日

今やSNSは広く認知されるようになり、一般の利用者だけではなく、企業もアカウントを取りビジネスでの利用が進み、企業や組織が広報戦略の一環としてSNSを積極的に活用する機会がますます増えています。

企業の宣伝などで使う場合は、広がりが早く便利なツールであり非常に広報戦略の助けになっているツールです。
その反面、社会的に不適切な内容の発言に対して激しい非難が浴びせられるなどの反応が起きることがあり、企業や組織にとってもリスクとなっている一面もあります。

このような発言や写真の投稿を避ける為に、SNS運用者を決め、SNSを運用する上でのルールを決めたうえで、周知する必要があります。
特に企業を代表する「公式アカウント」についてもアカウントや投稿内容、パスワードなどを十分に管理することが大切です。

SNSでは本人以外が同一名称のアカウントを作成することも可能であり、「なりすましアカウント」で発言された場合、企業のイメージに影響を与え信用などを失いかねません。
第三者にアカウントを乗っ取られることもありますので、アカウント情報(IDやパスワードなど)は、安易推測されるような会社名などは使わずに少し工夫をしたIDやパスワードを付け「なりすまし」「乗っ取り」を防ぎましょう。