株式会社クラフアーク

山形 "地域密着型" ホームページ制作・Webコンサルティングサービス

  • 受付時間 月~土/9:00~18:00 TEL:023-600-7950

INFORMATION

SEOを意識したページとは

2017年05月08日

以前の記事、「品質が高いウェブサイトとは その2」では、“クローラー(スパイダー)という検索ロボットがテキストを読みやすいサイトは、品質が高い”とお伝えしました。
SEOを意識したサイトでは、検索ロボットにとって読みやすく、かつ、必要なキーワードを認識してもらいやすいようにページを作ります。

かつては、キーワードがたくさんあれば、検索順が上位に上がるという傾向もありました。
そのため、SEO対策として、ページ内にたくさんのキーワードを盛り込み、結果的に内容が薄まってしまう、というケースも散見されました。
しかし現在は、そのページがユーザーにとって十分に役に立つか、しっかりした情報が書かれているか、という点を重視して、検索順を決めるアルゴリズムとなっています。
このため、「コンテンツを充実させる」「ページ数を増やす」という、サイトの本来的な目的である当たり前のことが、SEO対策の上でも重要となってきています。
また、検索ロボットにキーワードを拾ってもらうためには、キーワードの盛り込み方や、最新のHTML言語を適切に使えることも必要です。

次回は、リスティング広告の仕組みについてお伝えします。