株式会社クラフアーク

山形 "地域密着型" ホームページ制作・Webコンサルティングサービス

  • 受付時間 月~土/9:00~18:00 TEL:023-600-7950

INFORMATION

SEOとリスティング広告の基本と違い

2017年05月01日

SEOとリスティング広告。言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。
これはどちらも、あなたのサイトがGoogleやYahoo!などの検索でより上位に表示され、ユーザーをサイトに誘導するための手段です。

SEOとは、“Search Engine Optimization” の略。「サーチ(検索)エンジンの最適化」という意味で、検索エンジンが上位に表示したくなるようなサイトをつくることを指します。

また、リスティング広告とは、「PPC広告(Pay Per Click)」「検索連動型広告」などとも呼ばれ、検索結果に連動して表示される広告のことを指します。
検索結果リスト画面の上下や右側に、小さく“広告“などと表示されて出てくるのが、リスティング広告です。

さて、SEOとリスティング広告との違いは何でしょう。
SEOは、検索エンジンのアルゴリズムによって順位が変動します。このことを、「自然検索」または「オーガニック検索」と呼びます。検索の結果としては、実際のページそのものが、表示されます。
一方のリスティング広告は、広告料を払うと優先的に表示される「有料広告」です。また、一定の条件を満たしたときに、ページとは別に作成した広告が表示される仕組みもあります。
また、SEOについては、ご自分で対策を行う場合には無料で行えますが、リスティング広告は、広告を表示する検索エンジンの会社に広告料を支払う必要があります。

SEO対策をしてもなかなか検索結果の上位表示にならない場合、yahooやgoogleに広告費を払いリスティング広告に申し込むこむことにより検索結果の上位や目立つ部分に表示され注目させることができます。