株式会社クラフアーク

山形 "地域密着型" ホームページ制作・Webコンサルティングサービス

  • 受付時間 月~土/9:00~18:00 TEL:023-600-7950

INFORMATION

質が高いウェブサイトとは その1

2017年04月24日

前回の記事(「Googleが考える、検索ユーザーが求めるものとは」)で、Googleが考えた問いかけについてお伝えしました。
ここにあるように、「ウェブサイトの品質を高める」には、オリジナリティが高く、正確な情報に基づいた情報の提供ができることが、大きなポイントとなっています。

それでは「オリジナリティが高く、正確な情報に基づいた情報」は、そのまま「品質が高い」につながるのでしょうか?
試しに、論文と漫画をイメージしてみましょう。

たとえばスマホの画面に、論文のようにびっしりと文字が詰まっていることを想像してみてください。
その記事には、正確な情報に基づいた「独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析」などがふんだんに盛り込まれているかもしれませんが、人の目に読みやすいとはいえなさそうです。

逆に、漫画のように絵がほとんどで、細かい説明がない記事の場合はどうでしょう。
「検索順位は、どうやってきまる?」という記事でお伝えしたクローラー(スパイダー)という、検索のためのソフトウェアロボットは、画像を判別することができません。
彼らが読み込めるのは、文字のテキストだけです。つまり、人の目には読みやすい漫画も、そのままでは検索ロボットが必要な情報として判断しない可能性が高いということです。

このように考えると、「人にも検索エンジンにも分かりやすく整理されている」サイトこそが、品質が高いと言えそうです。